那覇市立 大名小学校

〒903-0802 那覇市首里大名町1-49   TEL (098)917-3328   FAX  (098)917-3368

 

重要なお知らせ

学校メーリングサービスの登録がまだの方がおられましたら、下記より登録お願いします。
学校メーリングサービス ーめるぽんー.pdf

那覇市防災・気象情報メールが登録できます。
那覇市防災・気象情報.pdf

学校安全マップを作成しています。
校区内の危険な場所などお気づきの点がありましたらお知らせ下さい。
下のリンクをクリックして、右側の管理者へ連絡から危険な場所と状況をお知らせ下さい。
http://www.anzen-map.net/anzen/47/10121/0/
 

学校長ご挨拶

本校の創立は、昭和52年に城北小学校から分離し、その名も由緒ある大名(ウフナ)のこの地に設立されてから今年で41年目を迎えます。ウフナとは方言であり、「広大な野原」を意味します。王朝時代からテーラマージと呼ばれる大名馬場があり、昭和18年まで毎年10月の首里城内の沖縄神社祭には、この地で島尻、中南部郡の競馬が奉納されていたようです。更に、大名1丁目南側に東西に広がる丘全体には、「琉球の偉人」の一人と称される蔡温の墓や明治期に活躍した琉球音楽の大家金武良仁弦声の碑があり、ウタキ、カーなどが点在しています。
 
また、自然環境にも恵まれ、学校の裏は、末吉の森に続き、5~6月には、ホタル(クロイワボタル、オキナワスジボタル)が乱舞し、春から秋にかけては、5種類のセミ(イワサキクサゼミ、クロイワニイニイ、リュウキュウアブラゼミ、クマゼミ、クロイワツクツク)の鳴き声も聞くことができます。さらに、1年中多くの種類のチョウやトンボが飛び交うのを見ることもできます。
   このように伝統・文化の宝庫であり、自然に恵まれ、緑豊かな景観のある地域が「大名小学校」の校区です。
   昭和52年の創立以来、学校と家庭と地域が一体となり進取の気風に満ちた協力体制は、いまだに脈々と受け継がれています。本校校門前の「あいさつ通り」や交通量の多い通学路においては、毎日のように地域有志のみなさんによる朝の立哨が行われ、地域が見守る安心・安全な学校が誇りです。
  の教育目標は「夢をはぐくみ、未来を拓き たくましく生きる児童の育成をめざす」ことです。また、校歌の二番の歌詞にある、本校の校訓「心身錬磨」=「心をみがき身をきたえ」も心に留めながら、「知・徳・体」のバランスの取れた教育実践をとおし、「(1)すべての子が活気に満ち、生き生きと楽しく学び合う学校 (2)一人一人の教師が日々の教育実践に積極的に取り組み、職場に生き甲斐を感じる学校(3)環境の美しさと秩序があり、保護者や地域に開かれ信頼される学校」を目指します。

   今年度は、運動場の完成も予定され、久しぶりに大名小学校運動場での運動会が催されます。学校テーマ「心豊かで夢を持ち 仲良く 強く元気な子」を合い言葉に、素直で明るい児童のよさを伸ばし、将来、社会の貢献者として、たくましく生き抜く力を育てるため、全職員が一丸となって支援・指導に努めてまいります。
今後も、本校の歴史と伝統を受け継ぎ、地域の教育力を生かした「開かれた学校」として、教育活動に邁進したいと考えております。皆様方のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。


成29年4月 校長 後藤 岳二