那覇市立城岳小学校

 
〒900-0023 沖縄県那覇市楚辺2丁目1番1号
TEL:098-917-3318
FAX:098-917-3358
 

重要なお知らせ

 

 

 

 

校歌


校  歌
作詞 阿波根直成
作曲 友利 寛長

1.栄えゆく那覇の港の朝ぼらけ
 漫湖の波の鏡なす
 清き姿の学び舎は
 生い立つほまれ友皆歌え

2.山と積む黄金にまさる子よ我等
 学びの園に睦み合い
 心をみがき身をきたえ
 咲きて誇らん友皆はげめ

3.伸びてゆく楚辺野 ヶ原や夏草の
 強き生命にわき出づる
 自由と自治の鐘の音は
 世界にかよう友皆進め

4.新しき世代をになう城岳の
 永久にゆるがぬ教え草
 繁れる大地ふみしめて
 理想の郷を友皆きずけ 



校 旗

城岳小学校校章
考案者 真喜志康一(本校元教諭)

 


ほとんどの学校の校章が円形,楕円形,
花形が多い中,形から見て,すぐに城岳小
とわかるV字形の中に,勉学を表す
「ペン先」と那覇市を表す「ナハ」の
カタカナ文字,やや中央部に,
城岳の「岳」の一字が入った本校の校章は,
昭和28年,真喜志康一先生
によって作られた。
城岳の子どもたちが「岳」のようにたくましく
「ペン」のように正しく,
「鳩」のように美しく,大空にはばたいて
欲しいという願いがこめられた校章です。 
 

沿革・学校教育目標

○城岳小学校は、「夢鍛造(ゆめたんぞう)」を大事にしています。
 「夢鍛造(ゆめたんぞう)」の意味
 「夢を持つことは,大事なことです。そして,その夢を実現するために,日頃からこつこつ地道な努力を続けることが最も大事なことです。夢に向かって自分を我慢強く鍛えていくことが,夢の実現や自分に誇りが持てるようになるのです。」
  
 
学校名  那覇市立城岳小学校(なはしりつ じょうがくしょうがっこう)   
所在地  〒900-0023 沖縄県那覇市楚辺2丁目1番1号   
TEL  098-917-3318   
FAX  098-917-3358   
メールアドレス e18-syokuin@naha-t.nahaken-okn.ed.jp(学校代表アドレス)    

 
創立 昭和24年6月30日   
校名変更     
校長名  本村 律子(もとむら りつこ)   
教頭名  真喜志 隆夫(まきし たかお)
児童数 1年生81名 2年生95名 3年生100名
      4年生89名 5年生87名 6年生98名
      なかよし10名
      計560名   
職員数  37名 ※図書館司書・栄養教諭・学校事務等も含む 


  


○本校の誕生
  本校は、現在の「垣花小学校」の地に昭和22年3月「みなと初等学校」が創立したのに遡ります。そして、同年4月の「みなと初等学校楚辺分教場」が設置され、昭和23年4月に初中校併設の分教場となり、その後、昭和24年6月30日城岳初中等学校として独立し、昭和28年4月6日に城岳小学校・幼稚園が誕生しました。
 戦後の復興気運の中、歴代の児童、教職員・保護者・地域住民の情熱・連帯・行動力により教育環境・教育活動が充実発展してきました。

 【校名の由来】
 本校は、昭和24年6月30日に開校以来,今年度61年目を迎えました。校名の由来は、本校の近くにある小高い丘「城岳」(ぐすくだけ)の名に因み命名したものです。


 
 
○学校教育目標   
◎よく考え,進んで学ぶ子
(基礎・基本を身につけ,自ら考え,思考力・判断力・表現力を身につけた子)   
◎心豊かで思いやりのある子
(進んであいさつをし,丁寧であたたかい言葉づかいに心がけ,他人と協調できる子)  
◎心身ともに丈夫な子
(基礎的な生活習慣を身につけ,健康・安全に努め,ねばり強くがんばる子)     
    
学校経営の基本方針
①「安心・安全」はすべての学校教育活動の根幹・大前提であることを強く認識し学級指導・危機管理の徹底を図る。
②教師一人一人が自信と誇りを持ち情熱を傾注し,1日1日の授業内容の定着を図る授業改善を図る。
③教職員・保護者(家庭・地域)との信頼関係を築き,保護者や地域が安心して子どもを託すことのできる学校づくりを進める。
④子どもの可能性を最大限に引き出し,子どもが「明日を楽しみ」にできる学校づくりを進める。
⑤キャリア教育の視点を踏まえ,子どもが自ら学び,自ら成長し続ける力をつけるようにする。
⑥「はじめに子どもありき」を全ての教育の基本とし,常に「子どもにとってどうか」を判断基準とし「そのためにどうするか」を考える。 
⑦学校評価,教職員評価システムを生かし,R・PDCAのサイクルをふまえた目標連鎖を図り,常に「改善策の実践・よりよい方向」を意識した教育活動を推進し,教育活動のよりよい向上をめざす。
⑧小中一貫教育の推進を図る。
   
本年度の取り組みの重点
①安心・安全教育の徹底を図る。(校内事故ゼロ,けが等の前年度値の減少を図る)
②規範意識の高揚を図り,学習のルール,生活のルールを厳守する「規律ある学校づくり」を行う。
④小中一貫教育導入に係る共通実践事項の徹底。
⑤「時を守り,場を清め,礼を正す」を全校体制で徹底共有し,豊かな心の育成を図る。
⑥初任者研修・5年・10年研修への全校体制の確立を図り授業の充実を図る。
⑦「夢鍛造」「あいさつ・花・読書・歌声・健康」の学習環境をつくる。
⑧特別支援教育・教育相談・不登校0をめざし,前年度値の減少をさせる。
⑨研究・研修体制を充実させ,組織的学校体制の推進(特に全員公開授業の実施)
⑩保護者・地域との連携(授業参観日,学級保護者会の持ち方・内容の工夫・充実,各自治会との情報連携推進)
⑪学校評価を生かす。(教員・子ども・保護者・関係者評価2回の実施)
 

 

掲示板

現在公開されている掲示板はありません。